真室川駅、山形県真室川町 [秋田県の雄勝から山形県の天童までの旅 09]


01
96 真室川駅、山形県真室川町、画像、mamurogawa station.jpg
真室川駅
(山形県真室川町)












[秋田県の雄勝から山形県の天童までの旅 09]
【 旅3日目・午後1時(2019年6月10日)/ 山形県真室川町 】


今現在、僕は山形県の道路地図を持っていない。

この旅に持ってきた県別マップル宮城県に描かれている広域地図のページで、隣県として見切れている山形県の部分を見て、山形県を旅している。

スマホでマップを見る手もあるのだけど、悲惨ことに、今月の高速通信は残りが0.2GBを切っているので使いたくないのだ。

かなり不便だけど、わりと県境に近い部分にいるので、ギリギリなんとかなっている―――。

今年は再び東北地方もあちこち旅をしたいから、近々、マックスマップル東北地方版を買おうとは思っている。



山形県金山町(かねやままち)を見たあとは再び県道13号を車で南下して行くのだけど、道路地図で見ると、金山町の隣には真室川町(まむろがわまち)という地名の場所があるようだ。

本当に何の根拠もないのだけど、「真室川」という字を見て、―――美しい地名だなあと思った。

ただの僕が勝手に感じた漢字の印象だろう。

真室川町はどんな場所なのか見たくなったから、行ってみることにした。



真室川町を見に行くと言っても、何があるのか全く知らない。

「とりあえず駅にでも行ってみようかな」と思い、「真室川駅」を目指した。

県道13号から西に5kmほどそれたところに「真室川駅」はあった。



「真室川駅」の駅舎は、見た瞬間「おおっ!!!」と言ってしまうような外観だった。

重厚感がある、とても立派な建物だった。

二重の千鳥破風があり、金のシャチホコを飾る駅舎なんて初めて見た。

一見の価値あり!といったかんじだ。

立ち寄ってみて良かった。



駅には真室川町の観光案内の看板があった。

ざっと見たけど、なんだか、僕にとっておもしろそうな場所は見つけられない。

でも、せっかく真室川町を訪れたのだから、もう1か所くらいは見て行きたい。

なにかないかな・・・。





(画像保存設定: 96)



この記事へのコメント