正源寺、山形県真室川町 [秋田県の雄勝から山形県の天童までの旅 11]


01
01 96 正源寺、山形県真室川町、画像、syogen zi temple、Tanji.jpg
正源寺
(山形県真室川町)










[秋田県の雄勝から山形県の天童までの旅 11]
【 旅3日目・午後1時(2019年6月10日) / 山形県真室川町 】


真室川町を後にしようと、町の中心部を離れ、車で県道35号を南の方へ走っていると、道路ぞいにあるお寺らしき場所の参道に、とても立派な山門が見えた。

直感した。

きっとこのお寺は、真室川町を訪れたなら見て行かなければならないものだ!

ということで、真室川町で最後にもう1か所、このお寺を見て行くことにした。



お寺の名は「正源寺(しょうげんじ)」。

寺院の建物などに全く詳しくない僕でも、このお寺の山門がすごいことはわかる。



おもしろいものを発見した。

境内の参道を、奥羽本線の線路が横切っている。

はじめの小さな山門から参道を歩くと踏切があり、線路を超え、立派な山門をくぐると本堂がある。

このようなお寺は珍しいと思う。



踏切の警報器が鳴り、遮断機が下り、電車が走ってきた。

立派な山門の前を走り抜ける瞬間は ”シャッターチャンスだ!” と思って、急いでデジカメで画像を撮った!



(線路の場所が本当にお寺の境内かはちゃんと確認していません(汗)。あしからず。)






(画像保存設定: 96)


この記事へのコメント