土湯温泉線のヘアピンカーブと松 (’19.05 福島県の旅 04)


01
01 96 土湯温泉線のヘアピンカーブの松.jpg
土湯温泉線のヘアピンカーブと松
(福島県福島市)












02
02 96 磐梯山.jpg
猪苗代町というあたりから撮った磐梯山




(’19.05 福島県の旅 04)
【 旅1日目 午後3時頃 】


福島県福島市の千貫森「UFOふれあい館」の次は、同県喜多方市を目指す!

久しぶりに喜多方ラーメンを食べるため!

道中、2時間くらいのドライブになりそうだ。



「UFOふれあい館」を経ってすぐ、福島市の松川町水原という場所を車で通りがかると、道端に「クマガイソウ群生地」という看板があった。

常に設置してあるものじゃなく、その期間だけ出しているようなかんじのする看板だった。

―――もしかしてクマガイソウという植物の花があって、今その花が咲いている期間なのかな?

だったらぜひ見てみたいと思い、その看板の場所へ行ってみることにした。



県道52号から脇道に入り山道を5分ほど進むと、砂利の更地があって、イベントテントがあり、駐車場があった。

そこが入場料(大人300円)を払う入口になっていて、歩いて森へ入って行くとクマガイソウ群生地があるらしい。

設営のイベントテントの人に尋ねたら、花はまだ咲いていないそうだ・・・。

群生しているクマガイソウの葉っぱの風景は見られるけど、花はまだ全く見られないとのこと。

花が見頃になるのは、あと一週間後ほどらしい。

写真の展示をしていて、以前撮った、クマガイソウ群生地で花が満開になっているようすが写っていた。

とてもきれいで、すばらしい風景だった。

一度自分の目で見てみたいと思った。

そこに特設の電話機があって、そこにかけると、そのときの咲き具合いを教えてくれるようになっているそうだ。

また出直します、と言ってそこをあとにした。

一週間後とか、計画ができるなら、また訪れてみたいな。



そのあとは、県道52号にもどり、ふたたび喜多方市へ向かった。

土湯温泉の近くを通るんだけど、その手前の上り坂がつづく道で、急カーブに生える松の印象的な風景があった。

地名だと福島市の松川町というあたりのようだ。

車を止めておける場所があったから、そこに車を置き、その風景をしばらく眺めた。



「この風景いいなあ」とちょっと感激した。

でもなんか、眺めたことがあるような気もうっすらとする・・・。

もしかしたら、昔も一度、こうやって眺めたことがある場所なのかも・・・。





[’19.05 福島県の旅 シリーズ]
梁川八幡宮へ、福島県伊達市 ('19.05 福島県の旅 01)
伊達鶏の鉄板焼きおいしかった!道の駅だての郷りょうぜん ('19.05 福島県の旅 02)
UFOふれあい館、千貫森 (’19.05 福島県の旅 03)
土湯温泉線のヘアピンカーブと松 (’19.05 福島県の旅 04)
喜多方ラーメン2杯食べた! (’19.05 福島県の旅 05)
道の駅喜多の郷 (’19.05 福島県の旅 06)
五色沼自然探勝路を歩いた (’19.05 福島県の旅 07)
水峰の「山塩ラーメン」を食べた!おいしかった! (’19.05 福島県の旅 08)
「桧原湖」一周ドライブ (’19.05 福島県の旅 09(完))

この記事へのコメント