2015年01月09日

いさぎよく自ら監獄へ行く!網走監獄! (北海道一周・車中泊の旅/040)


01
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

網走監獄 (北海道網走市)

Abashiri preson (Hokkaido)









このブログ記事は、公開日(投稿日)のじゃありません。 ブログ記事中にある旅日記の日時に書いたものです。

<ここまでの旅> 北海道一周・車中泊の旅
2014年9月4日、カーフェリーに乗り、マイカーごと北海道上陸。
札幌市を経て、小樽市から日本海沿いを北進し、北海道最北端の宗谷岬へ。
現在、宗谷岬からオホーツク海沿いを車で走り、知床半島を目指している。




02
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

網走監獄の門





03
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

網走監獄の入口





04
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

網走刑務所・正門





05
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

五翼放射状平屋舎房





06
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

監獄歴史館





07
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

五翼放射状平屋舎房





08
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

二見ケ岡農場





09
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

浴場





10
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

農作業





11
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

ニポポ





12
網走監獄(Abashiri prison)・網走監獄博物館・北海道網走市・北海道一周・画像・旅すずめ・与平

白鳥由栄(しらとりよしえい)の脱獄を再現した人形







〜〜〜 いさぎよく自ら監獄へ行く!網走監獄! 〜〜〜
北海道一周・車中泊 9日目(4)

<記> 日時: 2014年9月12日・夕方5時 / 場所: 北海道網走市


北海道のことを何も知らないままに始めた、北海道一周の旅。

今いるのは網走市(あばしりし)。

網走と聞いて、まっさきに連想するのは “網走刑務所”。
というか、僕は、他には何も知らない。

それどころか、今朝、道路地図を見て、今日は網走市まで行こうと決めるまで、
網走が北海道のどこにあるのかも、ちゃんと知らなかった。

昼頃に着く予定だったけど、もう午後2時半。
散々寄り道してきたんだから、そりゃ遅くなるだろう。

網走には、たぶんいろんな見所がある。

けど、今着いたばかりで何も知らない。
それに、もう時期陽が暮れる。

今日はもう、あれこれ探っている時間はないようだから、一ヵ所だけ行こう。

そう思って ―――――― “いさぎよく網走監獄” に行くことにした。




じつは、網走に来るまで、いわゆる網走刑務所である 「網走監獄」 という場所が、
観光できるようになっているとは知らなかった。

正確にいうと、観光できる網走刑務所というのは、
むかし刑務所として使われていた施設を見学できる場所のようで、そこを 「網走監獄」 というらしい。

刑務所自体は、すでに網走市内の別の場所へ、移転しているそうだ。

僕は、網走という地は、すこし治安の悪い、暗い雰囲気のある所じゃないかと思っていた。

これは、いつから持ったのかも覚えていないような、なんとなくのイメージで、
そう思っているのはたぶん、まっさきに思い浮かべるのが網走刑務所で、それだけしか知らないから。

そもそも、ふだん僕は仙台に居て、網走がどんな場所かとじっくり考えたことがないから、
そういった、なんとなくのイメージしか持っていない。

車一台の旅だから、次に行くのが網走かと思ったとき、ちょっと不安を持ったけど、
来てみれば、なんてことはない、“ただの” まちだった。

変な言い方だけど、とくに明るくもないし、べつに暗くもない、
そして、どこでも見かける、ないしは、ここまで見てきた北海道のあちこちにある中規模の町と変わらない、
ふつうにある程度の店はあって、ふつうに何もかもはそろっていない、“ただの” まちなんだ。




「網走監獄」 の入場料は1080円。 けっこうする。

ためしに聞いてみたらJAF割引があって、970円になった。
北海道でもJAF会員証はけっこう役立っている。

前で入場券を買った人たちがガイドのことを尋ねていたから、僕も真似して尋ねてみた。
ガイドツアーがあるらしく、自由参加で無料だそうだから、
それに参加して 「網走監獄」 を観光することにした。

やっぱりガイドがあるといいもんで、刑務所の歴史、建物の仕組み、その他徒然、
いろんな話を聞くことができて、すごくおもしろかった。

一番驚いたのは、「五翼放射状平屋舎房」 や 「二見ケ岡農場」 といった、建物の美しさ。
廊下の両側に、ろう屋がずらりと並んでいる光景が、こんなに美しいものだとは、知らなかった。

ろう屋の檻のなかにも入ってみたけど、やっぱり、どうにも気持ちが悪いもんだ。

入口あたりに他の観光客がきて、ろう屋の扉なんぞに興味を持ち、そして触り出したときなんかは、
万が一にもで、間違って閉じたらとんでもないと、妙に不安な気持ちになった。

画像を自由に撮りたかったから、ガイドツアーが終わったあとに、もう一度自分の足で施設を見てまわった。

気づくと「網走監獄」 に入ってから2時間半が過ぎていた・・・

でも、ここは本当におもしろかった。




北海道に来てから9日。 はじめはまだ夏だったのに、ちょっと寒くなり始めた。

時々小雨の降る網走では、外にいる間、ずっと長袖ジャンパーをきていた。

日中と夜の大きな気温差も感じるようになった。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ クリック!でブログの応援おねがいしまーす!! (管理人より^^)


posted by 与平 at 23:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。