2014年12月22日

巨大!カニのハサミ! (北海道一周・車中泊の旅/035)


01
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

カニ爪オブジェ (北海道紋別市)
Claws of crab object (Hokkaido Monbetsu)









このブログ記事は、公開日(投稿日)のじゃありません。 ブログ記事中にある旅日記の日時に書いたものです。

<ここまでの旅> 北海道一周・車中泊の旅
2014年9月4日、カーフェリーに乗り、マイカーごと北海道上陸。
小樽市から日本海沿いを北進し、北海道最北端の宗谷岬へ。
現在、宗谷岬からオホーツク海沿いを車で走り、知床半島を目指している。












02
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「960型蒸気機関車」 (北海道紋別市)

紋別市に入って渚滑町(しょこつちょう)っていうところを車で走っていたら、蒸気機関車を見つけたのでちょっと立ち寄ってみた。 『960型蒸気機関車』 って書いてあった。 昭和50年まで走っていたらしい。




03
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「スカイタワー」 (北海道紋別市)

小高い場所にある 「スカイタワー」 の辺りは、深い霧だった・・・。 建物の上の方にある窓のことろが展望台。





04
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「スカイタワーからの眺め」 (北海道紋別市)

紋別市のまちなみやオホーツク海を眺めた。





05
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「スカイタワーからの眺め」 (北海道紋別市)

「スカイタワー」 から眺めた、「知床半島」 方面。 といっても、「知床半島」 はまだ、ずーっとずーっと向こう。





06
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「スカイタワーからの眺め」 (北海道紋別市)

霧がのぼってゆく光景が綺麗だった。





07
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「オホーツクタワー」 (北海道紋別市)






08
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「ガリンコ号」 (北海道紋別市)






09
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「海洋交流センターガリンコ号のりば」 (北海道紋別市)






10
カニ爪オブジェ・大山スカイタワー・オホーツクタワー・ガリンコ号II・キューロク・9600型蒸気機関車

「道の駅オホーツク紋別の近くにあった公園」 (北海道紋別市)










〜〜〜 巨大なカニのハサミ! 〜〜〜
北海道一周・車中泊 8日目(5)

<記> 日時: 2014年9月11日・午後夕方5時 / 場所: 北海道紋別市



午後3時頃、「紋別市(もんべつし)」 という場所に着いた。

今は、「宗谷岬(そうやみさき)」 からオホーツク海沿いを車で走って
「知床半島(しれとこはんとう)」 を目指しているところ。

ここ 「紋別市」 は、その中間辺りに位置しているみたいだ。
だいたい半分くらい来たってことになる。


「宗谷岬」 から 「紋別市」 まではだいたい180kmだった。
このまま旅をしてゆけば、「知床半島」 に着くのはあと2〜3日後になりそうだ。




しかしながら――――――相変わらず天気が悪い。 小雨と強風。

そんななかではあるけど、「紋別市」 の山にある 「スカイタワー」 という展望台に向かってみた。

――――――天気が悪いから、いい景色は見られないだろうなあ
そう思いながら行ってみると、それどころじゃなくて、「スカイタワー」 のまわりには、
白い霧が立ち込めていた。

しかも、けっこう濃い霧・・・

「スカイタワー」 にのぼるのは200円。 これは迷う。 びみょうな金額。

晴れてれば迷わずのぼるけど、この悪天と霧じゃ、なにも見えなそう。

そう考えると、のぼらなくても良さそうだけど、たぶん僕が紋別市に来るのは一度きりのことだろう。
としたら、たった200円をケチって、好きな展望台にのぼらないでここを後にするのも、
なんかもったいない。

――――――迷ったすえ、のぼることにした。

スカイタワーに入ると、客はだーれもいない。
受付の人がひとり、ぽつりといるだけ――――――暇そうだ

さっき駐車場からスカイタワーの方へ歩いていたアメリカ人観光客ふうのアベックも、
どうやらのぼらずに帰ったようだ。

そりゃそうだよね。




エレベーターにのって 「スカイタワー」 の上階にある展望台にのぼった。

案の定、なーんにも見えない。
――――――やっぱりかあ

がっかりしながら、しばらく霧だけを眺めた。
そうしているうちに、よーく見ると、すこしずつ霧が晴れ始めているのに気付いた。

正確に言うと、霧が晴れるというか、霧に切れ間ができ始めているといったかんじだろうか。

風で霧が吹き流されているなか、時々、大きな霧の切れ間が目の前にくることがあって、
その時にはパーっと景色が広がる。

さすがに、ずっと遠くにある水平線は分からないたけど、オホーツク海の海面と紋別の港町が見下ろせた。
――――――なかなかの眺めだ!

豪快な眺めは楽しめなかったけど、やっぱりのぼっておいて よかった。




それから紋別港にある 「道の駅オホーツク紋別」 に立ち寄ったら、その近くにおもしろいものを見つけた。
巨大なカニのハサミ!

『カニ爪オブジェ』 っていうらしい。 高さが12mもあるみたいで、すごく大きかった。

けっこう目立つから、道の駅を訪れた人がこれを見つけ、ついでに立ち寄って、
記念撮影なんかをして行ってた。

ところで、なぜこんなところにカニのはさみが・・・
うーん、不思議だ。




紋別港を探さくした頃からなんだけど、天気が回復してきた!
雲の切れ間から青空がのぞき、日も差すようになった。

「宗谷岬」 からオホーツク海をたどって来たけど、台風18号のせいで、ずっと悪天だった。

この調子で回復してくれれば、明日は晴れるかな。
もっとオホーツク海の景色を楽しみたい!

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ Click!!でブログの応援おねがいしまーす!! (管理人より^^)


posted by 与平 at 21:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。