田野畑村の漁港の水門 (岩手県海ぞい縦断の旅/第24回)



田野畑・水門の管理棟・岩手県・田野畑村・画像・旅すずめ・与平

田野畑村の漁港の水門 (岩手県・田野畑村/2013年9月)









2013年9月に、車一台の旅で岩手県の海沿いを旅しながら撮った画像と、そのときに書いた旅日記です。 (ブログ投稿日のものではありません。)







~~~ 田野畑村の漁港にて ~~~
([記] 日時: 2013年9月17日・午後4時 / 場所: 岩手県下閉伊郡田野畑村 )


三陸鉄道「田野畑駅」 に立ち寄ったあとは、再び海沿いの県道44号を車で南進した。 高台にある 「田野畑駅」 から下り坂を走ってゆくと、すぐに東日本大震災での津波の浸水区域に入った。 その辺りは以前のようすが全くうかがえない土地に、真新しいプレハブが並んでいたりした。

海の近くに、画像のような光景があった。

これを見た瞬間、ハッとした・・・。

津波に襲われた鉄道の橋が一部分だけ残り、その上に三陸鉄道の車両が取り残された光景かと思った。

車から降りてよく見ると、どうやらそれは、本物の車両じゃなかった。 その下は河口の水門。 たぶん、車両に似せたデザインになってる水門の管理棟なんだと思う。 残った橋の一部分だと思った部分も、そうじゃなくて水門の造りの一部のようだった。

遠くからだと傷んでいるのに気づかなかった管理棟も、近くで見上げると、窓ガラスはほとんどがなくなっているし、まわりの手すりも一部しか残ってなかった。

あの高さの場所も、津波に襲われたんだとわかった。

僕がいる間、通りがかった車のうち何台かはあの管理棟を見て行った。 車から降りてじっくり見て行く人もいれば、車のスピードを落として車窓から目を凝らして行く人もいた。

たぶん僕と同じように、一瞬ハッとしてこれを見てゆく人が多いんじゃないだろうか。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ Click!!でブログの応援おねがいしまーす!! (管理人より^^)





2013年9月に、車一台の旅で岩手県の海沿いを旅しながら撮った画像と、そのときに書いた旅日記です。 (ブログ投稿日のものではありません。)





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック