黒部ダムへ向かうトローリーバス (20 - 2012年8月 群馬・岐阜・愛知・長野の旅)



黒部ダム・トローリーバス・富山県立山町・画像・旅すずめ・与平

扇沢駅トローリーバスのりば (長野県大町市/2012年8月撮影)








2012年8月に、車一台の旅で群馬県・岐阜県・愛知県・長野県の4県をめぐりながら撮った画像と、その時に書いた旅日記です。(ブログ投稿日のものではありません。)








黒部ダム・トローリーバス・富山県立山町・画像・旅すずめ・与平

黒部ダムへ行くトローリーバス






黒部ダム・トローリーバス・富山県立山町・画像・旅すずめ・与平

トローリーバスのなか









~~ 黒部ダムへ向かうトローリーバスにて ~~

([記] 日時 : 2012年8月19日・午前11時 / 場所 : 長野県大町市 )



この旅で行く最後の場所 「黒部ダム」 へ車で向かう。

長野自動車道の豊科ICを出て国道147号を北進、40分ほど走り大町という地で県道45号に曲る。 その道の先にある 「扇沢駅」 に行くと 「黒部ダム」 に行けるトローリーバスに乗ることができるらしい。

県道45号は山の方へ向かう上り道。 手持ちの道路地図を見た感じだと、この道はただ 「扇沢駅」 に行くだけのもののようだ。 自分の前後いは車が沢山つらなっている、皆 「黒部ダム」 に行くのかなあ!?なんて思いながら車を走らせた。

20分くらい行くと突然前の車が全部停車した!! ずっと信号がなく、景色も変わり映えのしない道だったので、急な停車にひやりとした。

道に交通整備の人が立ちはだかっていて、細い脇道に全部の車を誘導していた。 どうやら 「扇沢駅」 に行く一般車両は従わなきゃないようだ。 とりあえず流れのまま指示に従い奥の方まで進み、そこでまた誘導されるままに駐車をした。 なんとか 「黒部ダム」 に行くための駐車は、これで完了したようだ!!

午前10時、準備を済ませると車から降り、「扇沢駅」 に向かって歩いた。

駅に向かう人はけっこう沢山いた!! 「黒部ダム」 が混む場所なのかも知らずに来ているので、人が多いことにちょっと驚いた。 トローリーバスもきっと混んでるんだろうなあ・・・、なんて考えながら10分くらい歩き 「扇沢駅」 に着いた。

窓口があって、そこで乗車券を買わなきゃいけないんだけど、乗り降りする駅がいろいろあったりしてさっぱりわからない・・・。 もたもたしているとトローリーバスに乗るのも遅れそうで、なんだか焦った(笑)。 窓口の人にあれこれ聞いて状況を把握し、どうにか間違えずに乗車券を買うことができた。

往復で2500円。 まだ乗ってもなくダムも見てないので、これが高いのか安いのかは今のところ分からない(笑)。




次の出発の便というのまで20分ほど列にならび、いざ改札を通ってトローリーバス乗り場へと行った。

プラットホームがあって、そこに灰色をしたトローリーバスが何台も停車していた。 これがトローリーバスかと、トローリーの意味も知らないまま眺める(笑)。

トローリーバスは走り出すとまず一瞬外へ出て、そしてまたすぐトンネルに入った。 そこからは乗っている約15分間はずっとトンネルだった!! こうやって 「黒部ダム」 の方に向かうのか!!と、ちょっとした探検気分になり、再び外の光を見るのが待ち遠しくてわくわくした(笑)。

乗車中の車内ではアナウンスが流れ、あれこれ説明をしてくれた。

トローリーバスっていうのはすべて電気で走るバスなんだそうで、排気ガスを全く出さないとのこと。 あとで外から見てみると、トローリーバスの上には電車のようなパンタグラフが付いていた。 でも普通のバスと同じタイヤだし、運転手もいてハンドルもある。 見慣れなからか、ちょっと形のおかしなバスに見えた(笑)。

アナウンスでは 「黒部ダム」 へのトンネル工事の苦難も語っていて、ずっとトンネルだったけど、飽きずに過ごすことができた。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ ← Clickでブログの応援よろしくおねがいしまーす!!(by管理人^^)


2012年8月に、車一台の旅で群馬県・岐阜県・愛知県・長野県の4県をめぐりながら撮った画像と、その時に書いた旅日記です。(ブログ投稿日のものではありません。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック