瑞泉寺の彫刻 (10 - 2011年9月 富山・岐阜・長野の旅)



1 24.jpg

瑞巌寺で見つけたセミのぬけ殻。 夏の終わりを感じる風景。








2011年9月に、車一台の旅で富山・岐阜・長野の三県をめぐりながら撮った画像と、その時に書いた旅日記です。(ブログ投稿日のものではありません。)








1 10.jpg

瑞泉寺へ向かう道の石垣。 小雨降るなか、しっとりとした雰囲気だった。







1 11.jpg

瑞泉寺の山門。






1 12.jpg

瑞泉寺の山門。







1 14.jpg

山門にあった説明書きに、『波に龍』 という彫刻があると書いてあったので探してみた。
たぶんこれのことだろう。  立体感といい、繊細さといい、本当にすごい。
どうやって掘るんだろう・・・。







1 15.jpg

これも山門の彫刻。 あまり彫刻に興味を持ったことがなかったんだけど、
井波であれこれ見てみて、木の彫刻って美しいなあと初めて思った。
柔らかな質感も感じるし、木目の色合いとかも綺麗だと思った。







1 16.jpg

山門から撮った瑞泉寺の御本堂。






1 21.jpg

瑞泉寺式台門。







1 22.jpg

瑞泉寺式台門の彫刻。







1 23.jpg

瑞泉寺式台門の彫刻。









~~ 瑞泉寺にて ~~
([記] 日時 : 2011年9月5日・午前10時 / 場所 : 富山県南砺市井波 )


「八日町通り」 をぬけ、「瑞泉寺」 へとたどり着いた。 小雨が降っていたので、「瑞泉寺」 一帯はとてもしっとりとした雰囲気がただよっていた。

ここの山門がすごかった。 山門の下に立ち、天井を見上げると、いたる所に彫刻が施してあった。 どこを見ても繊細な彫刻ばかりで、ただただ感心してしまった。 彫刻のことはさっぱり分からないんだけど、すごいなあと思いながらじっくりと眺めた。

けっして賑やかじゃない井波の町、今日は僕以外に観光客はほとんどいない、そんな町にこんなすごいものがあるなんて驚いた。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へ ← Clickでブログの応援よろしくおねがいしまーす!!(by管理人^^)


2011年9月に、車一台の旅で富山・岐阜・長野の三県をめぐりながら撮った画像と、その時に書いた旅日記です。(ブログ投稿日のものではありません。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック