上野天神祭・その1 (302‐さすらいの旅2010)


Top
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

三之町筋という通りの上野紺屋町集議所で展示されていた面 (三重県伊賀市)









(※ 2010年9~10月に車一台で一人旅をした時に書いた日記と、その時に撮った画像です。 ブログ投稿日に書いたものではありません。 記事中にある日記文の日付で読んでください。)







1
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

桐本(東町)っていうだんじり。






2
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

菅原神社の裏にあった屋台で食べた広島風お好み焼き。 うまかった。






3
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

忍者のマンホール。






4
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

上野紺屋町集議所。 この中で展示されていたのが画像Top の面。






5
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅

だんじりの蔵にて。






6
上野天神祭・三重県伊賀市・画像・旅すずめ・与平・車中泊の旅











~~ 伊賀市にて ~~
([記]日時: 2010年10月24日・午後1時 / 場所: 三重県伊賀市 )


今いるのは三重県伊賀市。 今日はやっと 「上野天神祭」 見物の日だ!! 

今から1週間前、この車中泊の旅で初めてこの地にきた。 その時見物した 「だんじり会館」 で、この地には 「上野天神祭」 というのがあり、それが1週間後に行われることを知った。 本当は、そのまま仙台へ帰るつもりでいたんだけど、「だんじり会館」 の従業員の人にどんな祭りか教えてもらったり、館内の展示物を見て回るうちに興味がわいてきて、どうしても 「上野天神祭」 を見てみたくなった。

一週間後に再びこの地へ戻ろうと決め、祭り当日までは紀伊半島一周の旅をすることにした。

紀伊半島への興味が半分、祭りまでの日数調整が半分。 紀伊半島一周は、そういった情熱のこもっていないぼんやりとした理由で始めたものだった。

でも、その一週間が過ぎた今になって振り返ると、なんとも内容が濃く充実した一週間だった。 「伊勢神宮」、「那智の滝」、「熊野古道」、「熊野本宮大社」、「橋杭岩」、「白崎」など、その間に見たものは、あげると切りがない。

自分の一生で、紀伊半島の海岸を車一台車中泊でたどるなんて、たった一度のことだろう。 「上野天神祭」 があるからしたんだけど、もし、あのまま仙台に帰っていたらどれほど多くのものを見逃していたんだろうか。 今日で車中泊の旅は53日目。 もうとっくに旅への情熱は尽き果てているんだけど、あそこで帰らず思いとどまって良かった(笑)。




さて、今日 「だんじり会館」 の駐車場に到着したのはまだ午前8時半だった。 駐車できなかったら困ると思ったから早くきたんだけど、ちょっと早すぎたようだ・・・。

今日見たいのは、午後の 『足揃の儀』 と夜の 『宵山』 という行事。 まだだいぶ時間があるんだけど、「伊賀上野城」 や 「伊賀流忍者博物館」 といった観光施設は一週間前の時に行ってしまったから、観光しながら時間をつぶすような場所は見当たらなかった。

そんなわけで、下見もかねて祭りが行われれる場所を気ままに散歩してみることにした。

最初に行ったのは 「菅原神社」。 「上野天神祭」 は、この神社の祭りのようだ。 まだ周りの屋台はほとんどが準備中で祭りの雰囲気ではなかったけど、すでに境内には参拝者の姿があって、拝む人の列も少しできていた。

神社の裏の道へ回ると、準備を終えて売り始めたばかりの屋台があった。 お好み焼きの屋台で、焼けたのがどんどん出来上がっているところだった。 なんとも美味しそうで食べたくなり、数人並んでいた列に僕も加わり、買って食べた。 とても美味しかった。 ちょうど昼12時だったので、それとまた別の屋台で買ったたこ焼きがお昼ごはんとなった。

その後は、白い壁が続く寺町の通り、祭りで使われていた古い面が展示してある紺屋、まだ置いてあるだけのだんじりや、普段だんじりがしまってあるというだんじりの蔵など、あちこち見て回った。

これから 「上野天神祭」 を見るのが楽しみで仕方ないせいか、はりきって歩き回ってしまい、すでにちょっと足が痛い・・・。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へにほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ ← 応援クリックよろしくお願いします (^^)
地図・伊賀上野周辺・旅すずめ

[管理人用メモ]※この部分は管理人が自身用の旅メモとして書き残してるスペースです。 他人への案内ではないので参考にしないで下さい。 間違ってることがあります。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック