宇陀松山観光 (299‐さすらいの旅2010)


Top
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀松山 (奈良県宇陀市)








(※ 2010年9~10月に車一台で一人旅をした時に書いた日記と、その時に撮った画像です。 ブログ投稿日に書いたものではありません。 記事中にある日記文の日付で読んでください。)







1
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて






2
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて






3
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて






4
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて






5
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて






6
宇陀松山・奈良県宇陀市・画像・旅すずめ・与平

宇陀市松山地区にて











~~ 宇陀松山にて ~~
(日時: 2010年10月23日・午後1時半 / 場所: 奈良県宇陀市・松山地区 )


先ほど奈良県宇陀市室生大野という地で 「大野寺磨崖仏」 を拝観したあと、その近くにある 「宿場町(旧伊勢街道)」 と、「鬼の足跡」 という場所を探したんだけど、どちらも見れずじまいだった。 ともに 「道の駅・宇陀路室生」 にあった立て看板の地図で知った場所だった。




ひとつ目の 「宿場町(旧伊勢街道)」 という方は三本松というところにあるようだったけど、道の駅の地図ではちょっとたどり着けなかった。 なんかこう、実際に道路を走った感覚と、地図の道の距離感や交差点の具合、カーブの感覚が違う・・・。 地図を見るときはそこへ行くまでの道のりを実際に走っているイメージで見るから、地図上と実際との差が大きいとイメージのすり合わせがうまくできない・・・。

僕の車にカーナビはなく、ほとんどの場所を20万分の1の道路地図で旅をしてきたからけっこう鍛えられていて地図には強い。 たいていの場所へはたどり着いてきた。 でも、それはやっぱり、ちゃんとした地図ありきのことだ(苦笑)。

周辺を探していた間には、また別の立て看板の地図を見つけたんだけど、それはなお更わかりづらい地図だった。 そもそも現在地が記されてなく、鉄道沿いの辺りなのに鉄道と駅は書かれていない。 道路だけあって、道路のどこに駅があったり線路が通っていたりするのかもわからなかった・・・。

ふたつ目の 「鬼の足跡」 という方は、たぶん近くまでは行っていたんだろうけど、よくわからなかった(笑)。 道路わきに 「鬼の足跡」 と書いてある白い立札があった。 その場所を見たけどそれらしいものは見当たらず。 その奥に歩いて入って行くんだろうかと思って先を見ると、分け入るような細い山道だった。 車のままでひょいと行ける場所なら見てみたかっただけなので、やめた。

今回はけっこうあっさりとあきらめた(笑)。




そんなことがあったあと、それらの場所から20kmくらい車で走り、今いる 「宇陀松山」 という地へやって来た。 宿場町の建物が残る場所。 あした祭り見物をする予定の三重県上野市とは反対方向に移動して遠ざかってしまったけど、この場所には興味を持ったのでどうしても見ておきたかった!!

着いてからは折り畳み自転車に乗り換え、まず、まちづくりセンター千軒舎というところに行った。 そこでは、この宿場町のことや建物のことを紹介している映像が流れていたので、それを見た。

そして、旧街道沿いに残る古い建物などを見て回った。

「宇陀松山」 は風情ある美しい建物が幾つも見られ、町並みの雰囲気がとてもいいところだった。 古い建物を見つけては、画像を撮って楽しんだ。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へにほんブログ村 旅行ブログ 東海旅行へ ← 応援クリックよろしくお願いします (^^)
地図・奈良市・旅すずめ
(※ 2010年9~10月に車一台で一人旅をした時に書いた日記と、その時に撮った画像です。 ブログ投稿日に書いたものではありません。 記事中にある日記文の日付で読んでください。)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック