世界遺産の薬師寺へ (257 さすらいの旅2010)


Top
世界遺産・薬師寺・東塔・西塔・奈良市西ノ京町・画像・旅すずめ・与平

薬師寺の金堂・西塔・東塔











(※ 2010年9~10月に車一台で一人旅をした時に書いた日記と、その時に撮った画像です。 ブログ投稿日に書いたものではありません。 記事中にある日記文の日付で読んでください。)








1
世界遺産・薬師寺・東塔・西塔・奈良市西ノ京町・画像・旅すずめ・与平

薬師寺西塔







2
世界遺産・薬師寺・東塔・西塔・奈良市西ノ京町・画像・旅すずめ・与平

薬師寺東塔







3
世界遺産・薬師寺・東塔・西塔・奈良市西ノ京町・画像・旅すずめ・与平

薬師寺中門の二天王像







4
世界遺産・薬師寺・玄奘三蔵院・三蔵法師・奈良県奈良市西ノ京町・画像・旅すずめ・与平

玄奘塔












~~ 薬師寺にて ~~
(日時: 2010年10月16日・午前11時 / 場所: 奈良県奈良県西ノ京町・薬師寺 )


車中泊の旅、45日目。 天気良し。 奈良へきて2日目の今日は、「平城宮跡(へいじょうきゅうせき)」 という辺りを観光するつもりだ。 とても楽しみだ。

車を止めたのは、九条公園にある駐車場。 奈良では今、『平城遷都1300年祭』 っていうのが催されているようで、「平城宮跡」 の前を車で通ると駐車場への矢印が書いてある看板が道路わきに設置されていた。 はじめ見つけた “西・・・(なんとか)” と書いてある看板を順に幾つか辿るも、そこへは着くことができなかった。。。 行ったり来たりを何度も繰り返した。。。 途中のことをここでは端折るけど、結局駐車したのが九条公園だった。 駐車場探しに費やした時間は40分。。。(泣)

止めたのは朝8時20分。 料金は1回500円。 駐車場と 「平城宮跡」 の間は、シャトルバスが運行されているらしい。

でも、僕は車から折りたたみ自転車を出して、それで観光をすることにした。 「平城宮跡」 だけに行きたいわけじゃなく幾つか寺院を巡りたいし、この地の雰囲気を直に感じたい。




僕は、自分が奈良へ来られることがあるとは思ってなかったし、あったとしてもこのタイミングだとは予想してなかったので、どこにあるどの寺院を巡ったらいいのか全くわからない・・・。 昨日本屋で買った観光雑誌をあてにして、良さげな寺院を回ってみることにした。




自転車をこぎ、最初に行ったのは 「薬師寺」。 世界遺産とのことで、見てみたかった。

歩いて中門をくぐると、右には黒い塔、左には赤い塔が建っていた。 「東塔(とうとう)」 と 「西塔(さいとう)」 と言うらしい。 どちらも外観がとても綺麗だった。

もっと近づいて眺めようかと歩き出した時、どこから呼びかけをする声が聞こえた。 正面にある 「金堂(こんどう)」 というこれまた綺麗な建物からだった。 何かお話が始まるといった呼びかけだった。

いったい何だろうという興味で 「金堂」 の中をのぞくと、お坊さんが一人いらして、その方の話を聞こうと座っている人たちが40人ほどいた。 法話と書かれた立札があった。 始まるのは、お坊さんのお話のようだった。

どうやら僕も聞いていいようだったので、混ざって座り、話を聞いた。

話し始めたお坊さんは、冗談交じりに聞く人を笑わせながら、「薬師寺」 の歴史と建造物について説明をした。 僕は説明にも興味があったけど、冗談の部分が面白く、時々笑いながら話を聞いた。 でも話の内容はすごく真面目なもので、後半は、仏というものをどう捉えるかという深いものだった。

後半聞いたことはここに書き残すことをしないで、自分の頭の中に覚えておこうと思う。 これまで旅した中、こういった経験は初めてだった。

「金堂」、「東塔」、「西塔」 のうち、1300年前から今も残る建物は 「東塔」 だけらしい。 他の2つは昔火災で焼けてしまったんだとか。 「金堂」 の中にある像は銅でできているので、焼けずに今も残っている物らしい。 「東塔」 は、建物の中に鏡が置かれていて、外から鏡越しに天井が見られるようになっていた。 薄れていてよく分からなかったんだけど、花などの絵が沢山あるようだった。

にほんブログ村 旅行ブログ 日本一周へにほんブログ村 旅行ブログ 近畿旅行へ ← 応援クリックよろしくお願いします (^^)

地図・奈良市・旅すずめ

(※ 2010年9~10月に車一台で一人旅をした時に書いた日記と、その時に撮った画像です。 ブログ投稿日に書いたものではありません。 記事中にある日記文の日付で読んでください。)
[管理人用メモ]※この部分は管理人が自身用の旅メモとして書き残してるスペースです。 他人への案内ではないので参考にしないで下さい。 間違ってることがあります。 

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック