南禅寺の三門と水路閣へ (151 車中泊の大旅行記2009夏)



水路閣・京都府京都市左京区南禅寺・画像01









(画像Top : 南禅寺の水路。 レンガ造りの水路は素晴らしい美観だった。)






1
水路閣・京都府京都市左京区南禅寺・画像02

水路閣の橋脚。 面白い眺めだった。






2
三門・京都府京都市左京区南禅寺・画像01

三門。 大きかった。






3
三門・京都府京都市左京区南禅寺・画像02

三門。






4
三門・京都府京都市左京区南禅寺・画像05

三門の上からの眺め。











~~ 2009年 9月6日 午前 / 京都府京都市左京区・南禅寺にて ~~

「水路閣(すいろかく)」 というレンガ造りの古い水路があるらしく、それに興味があって 「南禅寺(なんぜじ)」 を訪れた。 「南禅寺」 への脇道があって、そこを走っていくと駐車場があった。 駐車料金1000円…。 ほんと京都観光はお金が掛かる。

明治時代に造られたものらしいけど、どこか外国の風景でも見てるかのような 「水路閣」。 橋脚のアーチも美しく、美観が素晴らしかった。 いまだ使われている水路とのこと。 脇の坂を上り、「水路閣」 の上の部分を見てみると、煌々とした透明な水が勢い良く流れていた。

120年も前に造られた物なんだから、何処か水漏れでもしてないかと見てみたんだけど、意外とそんなことはなかった(笑) 立派なもんだ。

ここでは他に、「三門(さんもん)」 も見た。

すごく大きく、別格の威厳を放っていた。

上の階からの眺めが良いらしく、どうしてもそれが見たかったので入ってみた。 三門の建物内に入るには500円。 ほんと京都観光はお金が…(もういいか。)

中の階段がすごく急で大変だったんだけど、なんとか上ると視界の開けた気分の良い場所だった。 三門の近場の木々は元気が良いようで、京都の町周辺の視界をさえぎっていたんだけど、涼しい風が吹き抜けていて心地良かった。

上の階はお堂になっていて、堂内には入れないもの除いてい見ると木の仏像などが置かれていた。 外とは明らかに違う神聖な空気が漂っていた。

今日は仏閣巡りをしてるんだけど、京都仏閣巡りというのは他と違い、女性の一人旅らしき人も多く見かけた。 僕のようにデジカメ持って一人旅をしてる男性はどこでも見かけるんだけど、そういった女性が他よりも多かったのが印象に残った1つだった。

(2009年8~9月にした旅の日記です)



にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ ブログ・ランキングに参加しています。
 クリック宜しくお願いします!


ネットショップ始めるなら【 Color Me Shop! pro
★かわいい!便利!ブログ感覚でお店をつくろう★

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック