国家安康の鐘 (150 車中泊の大旅行記2009夏)



方広寺国家安康の鐘・京都府京都市東山区茶屋町・画像01国家安康君巨豊楽








にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ

(画像Top : 国家安康の鐘)






1
方広寺国家安康の鐘・京都府京都市東山区茶屋町・画像02

天井には細かな絵が描かれていた。






2
豊国神社山門・京都府京都市東山区茶屋町・画像

近くにあった豊国神社の門。











~~ 2009年 9月6日 午前 / 京都府京都市東山区茶屋町・広方寺にて~~

“「国家安康 君臣豊楽」の文字に「家康の二文字分割し、豊臣は結び付けているのは、反逆心の表れ」と豊臣家が滅ぼされたきっかけになった『国家安康の金』” なんだそうだ。 手持ちの『るるぶ京都ベストセレクション』に書いてあった。 なんか歴史時代劇で鐘の文字がどうたらこたらという場面を見たことある気もする。

まあ僕は歴史に詳しくないのでそんな程度だけど、すごい鐘なんだということは分かる。

鐘には無数の文字が書かれていたんだけど、その文字の部分には色付けがされていた。 枠で囲まれていて、文字自体にも上から色が付けられていた。 たぶう、後から見やすいようにと塗られたもんだと思う。

分かりやすくて良かったんだけど、意外と重要な鐘に色を塗ってしまうものなんだなと思った。 この鐘は実物なんだろうか!? 鐘とは長持ちするんだなあ。

京都っていうのは、見る物が何でもとりあえず重要な物ばかり。 面白い。

(2009年8~9月にした旅の日記です)



にほんブログ村 旅行ブログ 放浪の旅へ ブログ・ランキングに参加しています。
 クリック宜しくお願いします!

この記事へのコメント

xingwei
2010年04月29日 03:13
こんにちは!私XingWeiと申します、現在アメリカに住んでいます。
Edward Mugits という者の下で働いていますが、
約500以上のブロガーネットワークを持っていて、
彼の名前をgoogleればある程度情報が得られるかと思います。
さて、今回コメントさせて頂いた理由はこのブログに記事をを掲載させて頂きたいです。

掲載内容は:
ご自身のブログに200~300文字の記事(旅、ホテルに関する内容)とホテルのリンク(expedia.jp)を2つ載せて頂けないかなと思っています。
*もちろん上記の条件で記事を載せてくれたら750円をpaypalから支払います!!(依頼する事項は一切スパム等なことはありませんので、ご心配なくお願いします)
*また了承があれば、これからもこのようなお付き合い(長期的な)ができたらなと思いますが。。
如何なものでしょうか?
ご検討をお願い申し上げます。
では、返事お待ちしております。

XingWei McIntyre
Web Solution Assistance
+1-757-383-2697
xingweimcintyre@yahoo.com
与平
2010年05月04日 10:35
xingweiさん

こんにちは、遅くなってすみません。

ん~、情報が拾えません。。。

コメントありがとうございます!

この記事へのトラックバック