田園に絵、田舎館村の田んぼアート

[ 2007夏 ヤドカリの旅 20 ]
(2007年8月上旬にしたの旅のことを書いています)



1)
inaka2001-thumbnail2.jpg



前回書いた「大太鼓の館」を鷹巣で見物した後、R7で更に北上し矢立(やたて)と言う地を通って「青森県」へと足を踏み入れました。

宿は自分の車なので、見る場所などを細かく決めてきたわけではないのですが、旅の道中とうしても見てみたい物がありました。 それが「田んぼアート」なる物です






青森県にはこれなる物があると、話題を仙台でも見聞きする事があり、一度自分の目で見てみたいとずっと以前から思っていました。

こうやって青森県を周遊する機会を持ち、もしやこの機にゆけるのではと場所を調べると、田舎館村(いなかだてむら)という地。 ここならば五所川原への道中からも大きくそれない。 必ず立ち寄ろうと決めていました。

あまり天候が良くなかったので曇り空なのが残念でしたが、訪れる人も多く、賑わっている場所でした。

お城風の役場にある展望台から見下ろすのだそうで、さっそく登ってみると、そこには信じられないほど素晴らしい光景がありました。 きっと綺麗だろうなとは思って来たのですが、それをはるかに上回る光景。

他の見物人たちも「すごい」とか「綺麗」だと口々に言っていました。

これが稲で造られた絵だとは思えません。 圧巻です。

字にある「つがるロマン」とはお米の品種で、ここらでは一般的に食べられている物とのこと。 仙台人の僕は「コシヒカリ」や「ひとめぼれ」を一般として食べているので、まだ口にしたことはありません。 ここの方の話だと、「つがるロマン」は冷めても美味しい!のだそうです。

ここからそう遠くない場所に「ジャスコ黒石店」があって、そこで買い物ついでに見てみると、「つがるロマン」は5kgで1,780円でした。

「田んぼアート」は4種類の稲で4色が使われているとの事でしたが、僕は3色しか見分ける事ができませんでした。 秋の収穫が近くなると、全体的に黄色さが増して、それもまた綺麗なのだそうです。

本当に綺麗でした。






2)
inaka2002-thumbnail2.jpg

左半分には「いなかだて つがるロマン」と書いてあります。 右半分で切れている最後の1文字は、「き」ではなくて「ち」です。 あしからず。






3)
inaka2003-thumbnail2.jpg

役場の建物はこんなお城風。 僕の住む仙台に天守閣は、今も昔もありません。






4)
inaka2004-thumbnail2.jpg

近づいても綺麗。






5)
inaka2005-thumbnail2.jpg

植えるのは相当大変ではと思う。






6)
inaka2006-thumbnail2.jpg

この展望台から望める「岩木山」。 あの山が晴れるとここらも晴れてくるのだという。 「岩木山(いわきやま)」の四股名(しこな)があの山なのかと、見られた事が少々嬉しい。 これからゆく弘前市の出身なのだそうです。 






7)
inaka2007-thumbnail2.jpg

…良かった。 でもちょっと嫌だった。






CBCCC5ECCBCC820B4B0C0AEA1A1jpeg97per.jpg
2007夏 ヤドカリの旅20 現在 青森県田舎館村


にほんブログ村 写真ブログ 祭・イベント写真へ一押ししてもらえればうれしいです。


この記事へのコメント

この記事へのトラックバック